サスティナ・ニュース

サスティナ・ニュースでは、各地で行われている様々なサスティナブルな取り組みをご紹介します! *製品やサービスに関するお問い合わせは、それぞれの企業・団体にお問い合わせください。

サスティナ・ニュースでは、各地で行われている様々なサスティナブルな取り組みをご紹介します! *製品やサービスに関するお問い合わせは、それぞれの企業・団体にお問い合わせください。

山形県は立地を検討するソフト産業を全面的に応援します!

山形県は、県外への人材流出という課題を解決するべく、若者の雇用の受け皿となるソフト産業の誘致に力を入れています。具体的には、都市部の企業が地方へ進出する際の最大のネックとなる初期投資負担軽減として最大10億円の補助制度を創設し、立地場所の選定や各種行政手続支援など、立地に伴う課題解決を総合的にサポートする窓口として「ワンストップサポートセンター」を開設しています。(共同通信PR WIREより。 ) この記事を読む

東京都新宿区立柏木小学校屋上に「野菜の森」を作ります!

西日本最大の園芸・農業専門商社である株式会社ニチリウ永瀬(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:金尾佳文)は、SDGsの観点から「持続可能な農業の未来」を標榜し、都市型農業の新たな形を目指した新宿区立柏木小学校(校長:竹村郷)との連携事業をスタートします。(PR TIMESより。) この記事を読む

約20トンの リーバイス® 501® のユーズドストック を使用しファッションの楽しさを提案「デニム de ミライ ~ Denim Project~」

ファッションを楽しむ中で「自分らしいサステナビリティ」が選択できる未来を目指してブランドやクリエーター、アーティストが、アイロンプレス、検品補修、洗い作業を行う株式会社ヤマサワプレス所有のリーバイス® 501®のユーズドストックをデザイナーとコラボレーションしアップサイクル。(PR TIMESより。) この記事を読む

約40年の時を経て廃校が生まれ変わる ―。RIVERBANK TANOKAMI STATIONオープン!

鹿児島県薩摩半島南部に位置する南九州市川辺の元川辺中学校 跡地の建物をリノベーションした施設 RIVERBANK TANOKAMI SITATION。もともとは昭和58年(1983年)まで地域の子どもたちを迎える中学校として利用されていた場所でしたが、活用されない期間が40年近く経ち、この度、<食>、そして、そこから生まれる<働き方>に注目した活動を行う拠点に生まれ変わりました。(PR TIMESより。) この記事を読む

洗剤レス・排水再利用のコインランドリー「wash+ PRIME」の実証実験店舗にて ロボホンを活用した接客サービスを開始

株式会社wash-plusとシャープ株式会社は、wash-plusが、本年4月中旬以降にオープンするコインランドリーの実証実験店舗「wash+ PRIME」猫実(ねこざね)店にて、シャープのコミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」とタブレットを活用した接客サービスを開始します。(PR TIMESより。) この記事を読む

日本農業遺産のご紹介 新潟県中越地域  「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」

農業遺産をご存じですか?農業遺産とは、その土地の環境に適応し、地域に根付く伝統や文化と深く関わり合いながら、何世代にもわたり継承されてきた農林水産業を営む地域を認定する制度であり、日本が誇るべきまさにサスティナブルな農業です。今回は、新潟県中越地域「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」をご紹介します。(出典:農林水産省WEBサイト) この記事を読む

《静岡市は、プラモデルの出荷額全国ナンバー1》公衆電話をモチーフにしたプラモニュメント、静岡駅に設置

静岡市は、プラモデルの出荷額が全国ナンバー1で、シェア約8割を誇る“模型の世界首都”です。そこで、 “模型の世界首都・静岡”をPRする目的で、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)静岡支店との公民連携による第1弾として、公衆電話をモチーフにしたプラモニュメントをJR静岡駅コンコース(北口側)に設置しました。(共同通信PR WIREより。) この記事を読む

対馬の宝 ツシマヤマネコを守ろうグッズを学生が作成 ~絶滅危惧種を救いたい!学生たちの想い~

大正大学(学長:髙橋秀裕、所在地:東京都豊島区)人間環境学科(現・公共政策学科)4年の学生有志5名が、ツシマヤマネコ交通事故啓発グッズとして日本語と韓国語を併記したチラシやティッシュをデザインし、一般社団法人対馬地区交通安全協会など5カ所に送付しました。(PR TIMESより。) この記事を読む

フードロス問題に着目!廃棄予定の食材を染色に再活用。KEYUCAの「フードテキスタイルシリーズ」より新作が登場

「ものづくり」にこだわり、衣食住に関わるオリジナル商品を自社店舗で販売しているKEYUCAは、豊島株式会社が展開する、廃棄予定の食材を染色に再活用している「フードテキスタイル」を採用した、新作の靴下、アーム&レッグウォーマー、ハラマキを、2022年4月16日(土)よりKEYUCA全国の店舗、オンラインストアにて販売します。(PR TIMESより。) この記事を読む

広報日本一!全国広報コンクールで埼玉県北本市が内閣総理大臣賞!東京都中野区も初入選!

令和4年の全国広報コンクールの結果、弊社代表の佐久間が広報アドバイザーを務める埼玉県北本市が日本一となる内閣総理大臣賞、東京中野区が初の入選を果たしました。2自治体ともに、まちづくりに関するシティプロモーションや広報の情報発信力、企画力などを審査する広報企画部門での受賞。(PR TIMESより。) この記事を読む

愛知県春日井市に規格外フルーツを使ったフルーツサンド店”ソーレ”オープン!「食品ロス削減で農家さんを応援」

愛知県春日井市勝川駅徒歩5分のところに「食品ロス削減で農家さんを応援するフルーツサンド&カフェ“ソーレ”」が3月5日にオープンしました。フードロスになっている野菜、フルーツなどの加工・販売などを行っています。(value pressより。) この記事を読む

凸版印刷、江崎グリコと小学生向けSDGsワークショップを開催

凸版印刷株式会社は、SDGsを推進する企業と教育現場をつなぎ、児童・生徒にSDGsについて考える機会を創出する事業「ミライーね!」を推進しています。このたび、江崎グリコ株式会社と共同で泉大津市立条南小学校の5年生を対象に、凸版印刷のショールーム「PLAZA21関西」と泉大津市立条南小学校をオンラインでつなぎSDGsについて学んでもらうワークショップを2022年3月8日(火)に開催しました。(PR TIMESより。) この記事を読む