TOP サスティナ・ニュース

アパレル

<KEEN>から産業廃棄物となる運命だった素材に「第2の人生」を与える<HARVESTコレクション>の新作がラインナップ

アウトドア・フットウェアブランド「KEEN」は、不用品のアップサイクルと温室効果ガスの排出を削減に寄与する<HARVEST コレクション>の新作を発売。産業廃棄物になるはずの車のレザーシートの端材をアップサイクルした『HOWSER HARVEST SANDAL』や、殻・葉・茎などを配合した新ソールユニットのキャンバスシューズ、そして牡蠣の殻をアップサイクルしたTシャツなどをラインナップ。(PR TIMESより。) この記事を読む

約20トンの リーバイス® 501® のユーズドストック を使用しファッションの楽しさを提案「デニム de ミライ ~ Denim Project~」

ファッションを楽しむ中で「自分らしいサステナビリティ」が選択できる未来を目指してブランドやクリエーター、アーティストが、アイロンプレス、検品補修、洗い作業を行う株式会社ヤマサワプレス所有のリーバイス® 501®のユーズドストックをデザイナーとコラボレーションしアップサイクル。(PR TIMESより。) この記事を読む

国内余剰アパレルを活用したオフプライスストアがカンボジア・シェムリアップに新規開店 法人在庫処分会社直営のオフプライスストア

㈱shoichi(東京/大阪)が運営する国内余剰在庫を活用したオフプライスストア『Colors-カラーズ』(HP: https://fashionoutlet.jp/ )が2021年11月、カンボジア・シェムリアップ ワットボー通りに新規開店しました。海外店舗は9店目、カンボジア店舗は3店目となります。(PR TIMESより。) この記事を読む

工場で廃棄されるはずの生地をアップサイクルしたレーストップスが登場!使用済みペットボトルからできた生地とドッキング、全て再利用したアイテム。

「世界に通用する日本文化ブランドをつくる」を理念のもと工芸や日本文化を取り入れたアパレル製造販売を行う株式会社Ay(所在地:群馬県前橋市、代表:村上采)が展開するカルチャーブランドAy(アイ)から、工場で廃棄されるはずの生地をアップサイクルし、使用済みペットボトルからできた生地とドッキングしたレーストップスが登場。(PR TIMESより。) この記事を読む

国内初 「エコテックス®レザースタンダード」認証を受けた皮革を使用 植物由来の製法を用いたレザーベルトを「洋服の青山」で発売

青山商事株式会社(本社:広島県福山市/代表取締役社長:青山理(おさむ))は、世界最高水準の安全レベルが証明された「エコテックス®レザースタンダード」認証皮革を使用したベルトを、7月27日(火)から全国の「洋服の青山」および公式オンラインストアで販売します。この認証皮革を用いた製品の発売は、国内初となります。(@Pressより。) この記事を読む

『ゴーストネットって何!?』子供達へ美しい海を残す為にファッションが出来る事

ジェンダーレスな物作りが人気のARCH&LINE(アーチアンドライン)は、2021AWから『漁網リサイクルナイロン』を使用を始めている。海洋ゴミのうち約46%を占める漁網(ゴーストネット)。『子供達へ美しい海を残す為にファッションが出来る事』をテーマに、子供達に向けて廃棄漁網から洋服にリサイクルされる過程を解説するエシカルイベントを実施した。(PR TIMESより。) この記事を読む

【石川県初】ファッションロスを削減し、服を再循環させるRenameの『Rename LIMITED STORE』がイオンモール白山にオープン

ファッションロスを削減し、服を再循環させる『Rename(リネーム)』を提供する株式会社FINEは、2021年7月19日に石川県白山市にグランドオープンするイオンモール白山にリネームの期間限定店舗『Rename LIMITED STORE』をオープンします。石川県では初出店です。(PR TIMESより。) この記事を読む

「サスティナブル×デザイン×日本製 」自分も地球もご機嫌にする服を販売開始

株式会社Breath.M(ブレスミー)(本社:岐阜県加茂郡、代表取締役:井島 実香)は、デザイン性を妥協することなく、地球環境に配慮したサスティナブル素材を使用したエシカルドレスを2021年5月22日(土)より販売開始。(PR TIMESより。)

この記事を読む