TOP サスティナ・ニュース

サスティナブル

Delicious YAIZU 静岡県焼津市がYouTube 8K動画で世界へ魅力を発信!!

焼津市では、『デジタルマーケティング事業』の一環として、昨年度大好評だったPR動画「Delicious YAIZU」の第2弾を制作。本市の「認知度向上」と「データを活用したターゲット分析」を目的にYouTubeを活用したデジタルプロモーションを国内外に向けて実施しています。(共同通信PR WIREより。) *「焼津市WEBおさかな物産展」は終了しています。 この記事を読む

持続可能な新しい水族館のカタチを目指し、2022年1月より「CO2排出ゼロ電力水族館」での運営が実現

西武グループの一員であり、日本国内外に5つの水族館を運営する株式会社横浜八景島では、水族館『横浜・八景島シーパラダイス』において、2022年1月より水族館エリアで使用するすべての電気量を、再生可能なエネルギーに由来する実質CO2排出ゼロの電力「はまっこ電気」に置き換えています。(PR TIMESより。) この記事を読む

鹿児島の築100年のレトロな旧郵便局をリノベーション若者の新しい働き方の場所へ 〜 《山奥の田舎で商売が成り立つ仕組みづくり》〜

株式会社下園薩男商店は、南薩摩の食材を使用したカフェ・ショップ、瓶詰製品の工房、1組限定の宿を提供するの「《山猫瓶詰研究所》」を《鹿児島県枕崎市》に《2022年8月下旬》にオープン致します。(PR TIMESより。) この記事を読む

持続可能な生乳生産への貢献を目指し酪農支援を強化

株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、持続可能な生乳生産への貢献を目指した、明治独自の酪農支援活動「Meiji Dairy Advisory(以下、MDA)」を強化するため、支援する酪農家を交えた意見交換会「第1回MDAミーティング」を2022年2月2日に開催しました。(共同通信PR WIREより。) この記事を読む

IT企業から一転、昆虫食事業へ。私たちがコオロギの養殖を「長野県」で始めた理由

長野県でコオロギの養殖事業を展開する株式会社CricketFarm。実はその母体は北海道でブロックチェーン事業に取り組んでいる「INDETAIL」というIT企業です。IT企業が、なぜあらたに昆虫食のスタートアップを立ち上げるにいたったのか、そしてなぜ長野県という地を選んだのか、私たちクリケットファームの生い立ちをご紹介します。(PR TIMESより。) この記事を読む

保育園等で使用済み食用油を回収し、再資源化へ。TOKYO油田からCO2削減に貢献したことを証明されました

ソシオークグループは、2014年7月1日より「ソシオーク油田プロジェクト」として TOKYO油田2017プロジェクトに参加しています。昨年はソシオークグループの保育園等において2,865㎏の使用済み食用油を回収し、再資源化につなげることで、二酸化炭素の量に換算すると5,413㎏分の削減をいたしました。(PR TIMESより。) この記事を読む

さとふる、「ふるさと納税で応援!棚田特集」を公開 ~ふるさと納税を通じ、棚田地域の活性化を支援~

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、ふるさと納税制度を活用し、棚田地域の魅力発信を通した地域活性化の取り組みを推進するため、「ふるさと納税で応援!棚田特集」を2022年1月19日に公開します。(PR TIMESより。) この記事を読む

世界農業遺産のご紹介 宮崎県高千穂郷・椎葉山地域 「高千穂郷・椎葉山の山間地農林業複合システム」

農業遺産をご存じですか?農業遺産とは、その土地の環境に適応し、地域に根付く伝統や文化と深く関わり合いながら、何世代にもわたり継承されてきた農林水産業を営む地域を認定する制度であり、日本が誇るべきまさにサスティナブルな農業です。今回は、世界農業遺産に認定されている「高千穂郷・椎葉山の山間地農林業複合システム」をご紹介します。(出典:農林水産省WEBサイト、写真提供:世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域活性化協議会) この記事を読む

松江高専と島根県が連携してDX人材を育成  ~島根県内の企業の競争力強化及び学生の県内定着を目指して~

松江工業高等専門学校(松江高専:島根県松江市、校長:大津宏康)と島根県は、DXの推進に係る人材育成を目的として令和4年2月23、25、26、28日の4日間、社会人向けのリカレント講座(4講座)を実施します。(PR TIMESより。) この記事を読む

伊賀・甲賀を走るJR草津線沿線にて 御朱印ならぬ“御SHINOBI印”巡りの旅開催。

滋賀県と草津線沿線6市町で構成する「滋賀県草津線複線化促進期成同盟会」は2022年2月26日(土)より、「草津線沿線限定 御SHINOBI印巡りの旅2022」を開始いたします。草津線の利用者数増加のため、県や沿線の市町では利用促進につながる様々な取組を実施しています。(value pressより。) この記事を読む

【2/26(土)実施】環境負荷の少ない石けん系消火剤で延焼予防~福岡県北九州市「平尾台野焼き」

無添加石けんのパイオニアであるシャボン玉石けん株式会社(福岡県北九州市/代表取締役社長: 森田 隼人)が産学官連携で開発した「石けん系消火剤」が、北九州市「平尾台野焼き」における延焼予防や消火活動で使用されることになりました。(PR TIMESより。) この記事を読む

”かばんの町”兵庫県豊岡発の鞄ブランド Atelier nuu が廃漁網などを再生利用したサステナブルコレクションを発表

ReC合同会社(本社:兵庫県豊岡市中央町7-28 / 代表 森下拓磨)が展開する鞄ブランド”Atelier nuu(アトリエヌウ)” は再生利用、ゴミを減らすことを意識した商品開発を目指しています。普通なら捨てられてしまうものから、新しく生まれ変わるものへ。(PR TIMESより。) この記事を読む