TOP サスティナ・ニュース

サスティナブル

キリングループ初!キリンビバレッジ湘南工場でロボットを使った茶葉原料開梱・投入自動化設備を導入!

今回、異なる役割を持つ計4台のロボットを導入します。ロボットが茶葉の入った段ボールを開梱して内袋から取り出した後、茶葉投入口へ茶葉を搬送して茶葉投入を行います。様々なサイズの段ボールに対応するとともに、最大で25kgの段ボールに対応することが可能な設計となっています。(PR TIMESより。) この記事を読む

農学部生らが地元素材を生かしたオリジナルトマトソースを開発

近畿大学農学部(奈良県奈良市)農業生産科学科農業経営経済学研究室と、奈良県曽爾村役場が運営するシェアキッチン「そにのわの台所katte」が連携し、曽爾村産の素材を生かしたオリジナルトマトソース2種「柚子はちみつ」「きのこ当帰」を共同で企画・開発しました。(Digital PR Platformより。) この記事を読む

日本企業・団体が関わる漁業改善プロジェクトを経て、アサリ漁としては中国初となるMSC認証漁業が誕生

中国の黄海沿岸、鴨緑江河口域のアサリ漁が、MSC(海洋管理協議会)の持続可能な漁業のための国際規格に適合しているとして、中国のアサリ漁業では初となるMSC漁業認証を取得しました。今回の認証取得は、世界における持続可能な水産物の供給を推進するうえで重要な出発点となります。(MSCジャパンプレスリリースより。写真:MSC) この記事を読む

マークスが手帳カバーの回収活動を、今秋から直営店舗で開始

株式会社マークス(本社:東京都世田谷区、代表取締役:高城雄也)は、地球環境に配慮した新たな取り組みとして、使用済みPVC(塩ビ)製手帳カバーの回収活動を、2021年10月23日(土)より国内のマークス直営店舗にて開始します。(value pressより。) この記事を読む

味の素㈱、テクノロジーによる持続可能な食インフラの創造に取り組むスタートアップ企業と協業開始

外食産業において、人手不足、生産性改善は慢性的な経営課題であり、また食材余りによる廃棄ロスは環境負荷の観点から社会課題として顕在化しています。当社はこのような社会課題解決を共に目指すために、調理ロボット事業、業務自動化AIロボット事業を展開するTechMagic社と協業を開始します。(PR TIMESより。) この記事を読む

リコー、企業の女性役員比率向上を目指す「30% Club Japan」に加盟

「30% Club Japan」(以下、30% Club)とは、企業の役員に占める女性割合の向上を目的に、2010年に英国でスタートした30% Clubの日本における活動母体です。30% Clubは企業の経営トップがメンバーになり、ジェンダーの課題を「喫緊のビジネスの課題」と捉え、自ら主体的にダイバーシティの取り組みを推進するキャンペーンです。(PR TIMESより。) この記事を読む

神戸プラスチックネクスト~みんなでつなげよう。つめかえパックリサイクル~ 

アース製薬株式会社 (本社:東京都千代田区、社長:川端克宜、以下 「アース製薬」) はこのたび、10月1日(金)よりスタートする、循環型社会の実現に向け、神戸市と小売・日用品メーカー・リサイクラー(再資源化事業者)など、16社が協働するプロジェクト『神戸プラスチックネクスト ~みんなでつなげよう。つめかえパックリサイクル~』へ参画いたします。(Digital PR Platformより。) この記事を読む

工場で廃棄されるはずの生地をアップサイクルしたレーストップスが登場!

「世界に通用する日本文化ブランドをつくる」を理念のもと工芸や日本文化を取り入れたアパレル製造販売を行う株式会社Ay(所在地:群馬県前橋市、代表:村上采)が展開するカルチャーブランドAy(アイ)から、工場で廃棄されるはずの生地をアップサイクルし、使用済みペットボトルからできた生地とドッキングしたレーストップスが登場。(PR TIMESより。) この記事を読む

「富山こんぶ学校」を開催。

海と日本プロジェクトin富山実行委員会は、全国消費金額トップを誇る「こんぶ」を起点に、海を学ぶ学習体験イベント「富山こんぶ学校」を実施しました。イベントでは、富山の定置網漁師や水産研究者が、海を守るために行う「昆布養殖」への取組みや、北前船が全国に運んだ昆布ロードとその歴史、さらに、富山とゆかりの深い北海道羅臼町のこんぶ漁師とオンラインを結び、こんぶ漁について学ぶイベントを開催いたしました。(海と日本PROJECT 公式サイトより。) この記事を読む

『化粧品ロス』×『コスドネ(R)』Eco プロジェクト  ビューファが2021年12月からスタート

「化粧と美容のチカラで社会に貢献するプラットホーム」を運営する、特定非営利活動法人ビューファ(東京都品川区、代表理事:殿木 修司、以下、ビューファ)は、『化粧品ロス』×『コスドネ(R)』Eco プロジェクトを2021年12月からスタートさせます。(@Pressより。) この記事を読む

クラダシと東京商工会議所が食品ロス削減に向けた連携協定を締結

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:関藤竜也)は、東京商工会議所(会頭:三村明夫)と「食品ロス削減に向けた連携協定」を締結いたしました。本連携協定締結を受け、クラダシと東京商工会議所は今後相互に協力し、食品ロス削減に向けて取り組みを推進してまいります。(PR TIMESより。) この記事を読む

廃棄から森をつくる花の定期便! おうち時間で花を楽しみながら社会貢献ができる 「FORESTY」がスタート

生花を頭に飾って写真を撮るプロジェクト「HANANINGEN」(代表:清野 光)は、コロナ禍において家で過ごす時間の多い中、また、結婚式やイベント等のキャンセルによって需要が減り捨てられる花が多い中、地域で仕入れたお花を家に届け、花業界を活性化しながら多くの方に笑顔を届けたい、そんな想いで、お花を届ける定期便「FORESTY」をスタートしました。(@Pressより。) この記事を読む