TOP サスティナ・ニュース

学生の取り組み

国内大学初!食堂でMSC/ASC CoC認証メニュー「サステナブル・シーフード」の提供を開始します

横浜市立大学金沢八景キャンパスの生協食堂では、国内の大学では初めてとなるMSC/ASC CoC認証に対応した「サステナブル・シーフード」を使用したメニューの提供を開始しています。生協食堂と学生の取組により、学生が身近な学食でサステナブル・シーフードを「食べる」ことで、SDGsに対する理解を促進し、「海の豊かさを守ろう(ゴール14)」の達成に貢献していきます。(Digital PR Platformより。) この記事を読む

対馬の宝 ツシマヤマネコを守ろうグッズを学生が作成 ~絶滅危惧種を救いたい!学生たちの想い~

大正大学(学長:髙橋秀裕、所在地:東京都豊島区)人間環境学科(現・公共政策学科)4年の学生有志5名が、ツシマヤマネコ交通事故啓発グッズとして日本語と韓国語を併記したチラシやティッシュをデザインし、一般社団法人対馬地区交通安全協会など5カ所に送付しました。(PR TIMESより。) この記事を読む

岐阜県土岐市の高校生が地場産業の復活を願い、コロナ禍に挑戦したクラウドファンディング。その結末は。

岐阜県立土岐商業高等学校(以下、土岐商業高校)の科目「課題研究」にて、1月31日(月)から、Makuakeで公開されたクラウドファンディングを活用した地域活性化の取り組み。3年生の生徒たちの卒業式である、3月1日(火)に最終日を迎える。公開から、残り数日までの期間とその先に見据える将来展望を追う。(PR TIMESより。) この記事を読む

近畿大学農学部×奈良県曽爾村「そにのわの台所katte」 農学部生らが地元素材を生かしたオリジナルトマトソースを開発

近畿大学農学部(奈良県奈良市)農業生産科学科農業経営経済学研究室と、奈良県曽爾村役場が運営するシェアキッチン「そにのわの台所katte」が連携し、曽爾村産の素材を生かしたオリジナルトマトソース2種「柚子はちみつ」「きのこ当帰」を共同で企画・開発しました。令和3年(2021年)8月18日(水)から、そにのわの台所katte等にて販売します。(Digital PR Platformより。) この記事を読む

【京都産業大学】世界文化遺産 上賀茂神社の魅力を学生の視点で発信。伝統行事「賀茂の水まつり」でSDGsに取り組む

京都産業大学では全学共通科目として「京都の世界遺産PBL」を開講し、文系理系の学生が協働し世界文化遺産である上賀茂神社の魅力を学生視点で発信する課題に取り組んでいる。7月25日には、上賀茂神社の祭典「賀茂の水まつり」を盛り上げた。(Digital PR Platformより。) この記事を読む