TOP サスティナ・ニュース

循環型社会

リユースの力で、持続可能な循環型のまちづくりへ。全国展開へ向けたモデルケースを構築

株式会社エルテス(代表取締役︓菅原貴弘、以下「エルテス」)は、紫波町及びウリドキ株式会社(代表取締役:木暮康雄、以下「ウリドキ」)と包括連携協定を締結し、公民連携によって紫波町の「循環するまちづくり」を推進して参ります。(Digital PR Platformより。) この記事を読む

三重県多気町に自然を活かした日本最大級の複合商業施設VISON(ヴィソン)が開業

地域経済の活性化や食文化の伝承を目的とした本プロジェクトは、約119haの敷地に温浴、産直市場、レストラン、スイーツ、オーガニック農園、木育施設など約70店舗が出店し、宿泊施設をはじめとした多くの建物に三重県産を中心とした国産木材がふんだんに使用されています。近傍の伊勢神宮の式年遷宮のように定期メンテナンスを実施し、循環型地域社会への貢献を目指しています。 この記事を読む

積水ハウス、「第30回地球環境大賞」を受賞

積水ハウス株式会社は、3月2日に「第30回地球環境大賞」(最高位)を受賞いたしました。当社の「『5 本の樹』計画の植栽 1709 万本を使い、“生物多様性保全の実効性”を評価」する取り組みが選定されたもので、当社の大賞受賞は二度目です。(共同通信PR Wireより。) この記事を読む

東京都の自治体では初の取り組み 墨田区とリユースプラットフォーム「おいくら」が実証実験へ 捨てない不要品処分で粗大ごみ削減を

東京都墨田区と株式会社マーケットエンタープライズは、地域社会における課題解決を目的とした連携による実証実験を行います。この実証実験に先立ち、12月24日より墨田区ホームページ内においくらの情報が掲載され、そこから直接不要品の一括査定申し込みが可能となりました。2022年1月4日より、本実証実験によって、不要品を廃棄物として捨てるのではなく、再使用する仕組みを事業として構築し、墨田区の粗大ごみの削減を目指します。(株式会社マーケットエンタープライズHPより。) この記事を読む

プラスチック資源を循環させるPOOL事業を、東京都全域に拡大

レコテック株式会社(以下「レコテック」)は、商業施設から発生するプラスチックの回収・リサイクルを東京都全域に拡大する「POOL PROJECT TOKYO」を開始しました。本事業は東京都の「プラスチック資源循環に向けた革新的リサイクル技術・ビジネスモデル推進プロジェクト」にも採択され、東京都と共同して使い捨てプラスチックの削減、プラスチックの資源循環を促進していきます。(PR TIMESより。) この記事を読む