TOP サスティナ・ニュース

CO2削減

『洗濯×SDGs』 洗濯で地球温暖化防止に貢献できるiPhone向けアプリ 「はれほす」をリリース

株式会社島津ビジネスシステムズは、iPhone向けアプリ「はれほす」の正式版を、2022年4月20日に提供開始します。洗濯物の乾きやすさを高精度に予測する「はれほす」を利用することで、アプリ利用者は安心して外干しすることができ、無駄な乾燥機の利用を減らせます。CO2排出削減量をアプリ内で共有して、みんなで地球温暖化防止に貢献できるアプリです。(共同通信PR wireより。) この記事を読む

<KEEN>から産業廃棄物となる運命だった素材に「第2の人生」を与える<HARVESTコレクション>の新作がラインナップ

アウトドア・フットウェアブランド「KEEN」は、不用品のアップサイクルと温室効果ガスの排出を削減に寄与する<HARVEST コレクション>の新作を発売。産業廃棄物になるはずの車のレザーシートの端材をアップサイクルした『HOWSER HARVEST SANDAL』や、殻・葉・茎などを配合した新ソールユニットのキャンバスシューズ、そして牡蠣の殻をアップサイクルしたTシャツなどをラインナップ。(PR TIMESより。) この記事を読む

千葉商科大学「自然エネルギー100%大学」へ。2021年度の達成状況・取り組みのご報告

千葉商科大学(学長:原科幸彦)では、電気とガスを含めたキャンパスの総エネルギー消費量に相当する再生可能エネルギーの発電による「自然エネルギー100%大学」をめざす取り組みを進めています。環境目標1の「消費電力に関する100%」については、2019年に達成していますが、現在は環境目標2の「消費エネルギーに関する100%」について、2023年度までの達成をめざしています。(共同通信PR Wireより。) この記事を読む

持続可能な新しい水族館のカタチを目指し、2022年1月より「CO2排出ゼロ電力水族館」での運営が実現

西武グループの一員であり、日本国内外に5つの水族館を運営する株式会社横浜八景島では、水族館『横浜・八景島シーパラダイス』において、2022年1月より水族館エリアで使用するすべての電気量を、再生可能なエネルギーに由来する実質CO2排出ゼロの電力「はまっこ電気」に置き換えています。(PR TIMESより。) この記事を読む

保育園等で使用済み食用油を回収し、再資源化へ。TOKYO油田からCO2削減に貢献したことを証明されました

ソシオークグループは、2014年7月1日より「ソシオーク油田プロジェクト」として TOKYO油田2017プロジェクトに参加しています。昨年はソシオークグループの保育園等において2,865㎏の使用済み食用油を回収し、再資源化につなげることで、二酸化炭素の量に換算すると5,413㎏分の削減をいたしました。(PR TIMESより。) この記事を読む

航空機ご利用時のCO2をオフセットするプログラム「JALカーボンオフセット」をリニューアルします

JALグループでは、環境保護、地球温暖化の防止に関心の高いお客さまからの声にお応えして、ご搭乗いただく航空機が排出するCO2をオフセットできる選択肢として2009年より「JALカーボンオフセット(*1)」を提供していますが、2月1日に本プログラムをリニューアルします。(PR TIMESより。) この記事を読む

脱炭素社会へむけた再生可能エネルギー100%の「ハレでん RE100fromOKAYAMA」を、株式会社白十字の22店舗へ10月より供給開始

地域密着の再生可能エネルギーを供給する岡山電力株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役:尾崎加代子)は、岡山県で生まれた地産地消の再生可能エネルギーを、岡山県の菓子製造のリーディングカンパニーとなる株式会社白十字(本社:岡山県岡山市、代表取締役:二木 正久)へ供給いたします。(PR TIMESより。) この記事を読む

地球に優しい新しいプラスチック! お米から生まれたエコカード「お米カード」新発売 ~ 食用に適さない古米や破砕米などが新しい技術で生まれ変わる ~

プラスチックカードへの印刷事業を行う株式会社研美社(本社:大阪府大阪市都島区、代表取締役社長:中田 逸郎)は、お米由来の国産バイオマスプラスチックが原材料の「お米カード」を2021年6月20日より正式発売を開始いたしました。(Dream Newsより。) この記事を読む

トイレもサステナブルに。竹からつくるトイレットペーパー「BambooRoll」

2021年5月12日、長野県に本社をおくスタートアップ企業「おかえり株式会社」は、原材料を竹100%とするトイレットペーパーの定期便サービス「BambooRoll」(バンブーロール)の発売を開始した。竹は、成長の速さと二酸化炭素を吸収する能力の高さから、プラスチックや木材の代替資源として注目を集めている。(table sourceより。)

この記事を読む

Natureスマート電気はなぜ環境に優しいの?地球に優しい電気を選ぼう。

Natureスマート電気の「スマートプラン」は、電気代と電力需給が連動しているため、お客さまが電気代の高いピークタイムを避けて、安い時間に電気を使っていただくことで、環境に優しい電気の使い方を提案しています。(Nature株式会社: https://nature.global/、公式ブログより。 )

この記事を読む