TOP サスティナ・ニュース

SDGs未来都市

東京都の自治体では初の取り組み 墨田区とリユースプラットフォーム「おいくら」が実証実験へ 捨てない不要品処分で粗大ごみ削減を

東京都墨田区と株式会社マーケットエンタープライズは、地域社会における課題解決を目的とした連携による実証実験を行います。この実証実験に先立ち、12月24日より墨田区ホームページ内においくらの情報が掲載され、そこから直接不要品の一括査定申し込みが可能となりました。2022年1月4日より、本実証実験によって、不要品を廃棄物として捨てるのではなく、再使用する仕組みを事業として構築し、墨田区の粗大ごみの削減を目指します。(株式会社マーケットエンタープライズHPより。) この記事を読む

世界で大流行中のプロギングを長崎県壱岐島で実施中!1カ月で100km走って、地球にやさしいSDGsな島を目指す!

長崎県壱岐市でプロギングを行っている「プロギング壱岐」は、壱岐市の「SDGs未来都市」構想に共感すると共に、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」のゴール14(海の豊かさを守ろう)やゴール12(つくる責任つかう責任)を達成するためにも、壱岐市内の不法投棄ゴミ問題に着目しています。(value pressより。) この記事を読む

地域の課題をSDGsで解決? 北九州市で見つけた「未来の商店街」の姿とは

魚町銀天街は18年8月、日本初の「SDGs商店街」となることを宣言。SDGsが掲げる目標を達成するため、地域住民と協力しながら様々な取り組みを進めてきた。その活動が評価され、19年12月には「第3回ジャパンSDGsアワード」で内閣総理大臣賞を受賞している。(Jタウンネットより。)

この記事を読む